2007年12月16日

住居 地域

トイレ用品でまず思い浮かぶのは、トイレットペーパーです。


トイレには必ず必要なトイレットペーパー。シングル、ダブル、香り付き等と、各種メーカーはいろいろな商品を出しています。一般的に紙の質が良いほど価格も高くなります。値段が高い物は、拭き心地もやわらなく、お尻にやさしいので、多少値段が高くても、肌触りのよさで購入されるようです。該当する商品としては、クリネックス、エリエール、ネピア、スコッティ等といったところでしょうか。


トイレットペーパーは、質よりも値段が安い方がいい!という方も多いはず。近所のお店で特売していたら、主婦の方は迷わず購入されるのではないでしょうか。必要なものだから、あまり知られていないメーカーであっても問題なし。それなりに質が良いと思われる商品もあるのは確かです。


「トイレットペーパー」をネット検索してみると、上記のメーカー以外にも多くのメーカーが出てきます。トイレ用品も今は通販の時代。トイレットペーパーは品物が大きいため、買い物もたいへんです。その解消として、宅配してくれる通販ショップの利用者が徐々に増えてきているようです。


トイレットペーパー以外でも、掃除用品、便座、便座カバー等のトイレ用品を購入される方もいます。多く買えばそれなりにお得で、送料も無料になる場合もある、というのも理由の一つのようです。



宅地の契約書で重要事項が間違っていたら?
宅地の契約書で重要事項が間違っていたら?今年の夏に宅地を購入し、住宅を建築中。分譲地の南側隣接地の棟上が終わったところ、2階建てなのですが、今はやりの片流れモダン住宅で、屋根よりも高い壁が東と北側に。見た瞬間、いやがらせか?と思うほど。そこで、工務店に北側斜線規制について問合せました。この工務店はわたしも見積りを取ったことのはるお世話になったところ。ところが、規制ない地域との回答。土地の契約書には北側斜線規制、日陰規制に該当印があったため疑問に思い、土地を購入した不動産屋に問合せたところ、コピーアンドペーストで間違ってましたってこと。それなら契約書を訂正に来いと要請し、明日来ることに。さてどうしましょか。@重要事項に重大な誤りのある契約書を提示したことで損害賠償訴訟をしましょうか?A誰にでも間違いがあるし、地域の規制なので契約如何に関わらず決まっていることなので仕方ないかと寛容に。あなたならどうしますか?こちらも既に基礎工事済みで今更身動きとれまんせん。(続きを読む)



2地域住居モニター制度が人気
山梨日日新聞
モニターへの調査で2地域居住や移住の希望者のニーズを探りたい」としている。 モニター制度は首都圏と県内の二つの住居を半年間、月一回以上行き来する人が対象。 ...(続きを読む)



準住居地域
準住居地域は道路の沿道等において、 自動車関連施設などと、住居が調和した環境を保護するための地域。10000m2までの一定条件の店舗・事務所・ホテル・パチンコ屋・カラオケボックス等や、小規模の映画館、車庫・倉庫、環境影響の小さいごく小規模な工場 ...(続きを読む)



タグ:住居 地域
posted by 住まいについて at 03:11 | 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。